安藤友香の独特の走り方(忍者走り)はマラソン向き?孫英傑に似た走り。

<スポンサードリンク>

2017年3月12日に行われた「名古屋ウィメンズマラソン」では、日本人の安藤友香が2時間21分36秒の日本歴代4位のタイム、順位は全体の2位でゴールした。

安藤は初マラソンだったのだが、これは天満屋の坂本直子が出した2時間21分51秒を塗り替える、日本女子の初マラソン歴代最高記録となる。

世界陸上の派遣記録となる2時間22分30秒も突破し、夏に行われるロンドン世界陸上大会への出場はほぼ決定となりそうだ。

腕をだらりと下げた走り方が特徴なのだが、これはマラソン向きと言えるかもしれない。

<スポンサードリンク>

 

安藤友香のプロフィール

andou3

本名 安藤 友香
読み方 あんどう ゆか
種目 長距離走
所属 スズキ浜松アスリートクラブ
生年月日 1994年3月16日(22歳)
出身地 岐阜県
身長 161cm
体重 43kg
自己ベスト
5000m 15分32秒67
10000m 31分58秒71
ハーフマラソン 1時間9分51秒
マラソン 2時間21分36秒

 

安藤友香の独特の走り方「忍者走り」はマラソン向き?

安藤友香は初マラソンながら、2時間21分36秒(初マラソン日本最高、日本歴代4位)と言う好タイムでゴールした。

安藤友香の走り方には非常に特徴があり、腕をだらりと下げたまま走ると言う、一般とは違うフォームだ。

andou2

普通であれば、腕大きく振り、下半身と連動させて前に進むのだが、安藤の走り方はこれに当てはまっていない。

andou1

この独特の走り方(フォーム)については、安藤も何度も修正してきたらしく、本人はこう語っている。

この日のレース中盤までは混戦模様だった。その中で、両手を下げたままほとんど腕の振りのない独特のフォームが目立った。上半身の動きは最小限だが、下半身は軽快なピッチで歩を刻む。腕を動かさずに足を動かすのは日常生活でも難しい。理にかなった動きとは思えないのだが、安藤は実にスムーズに走り、終盤に外国人選手に抜かれるまでトップを守った。

<スポンサードリンク>

本人はこう説明する。「もともと上半身の使い方がよくなくて、腕を振っても足と連動しなかった。それでこういう走り方に。私としてはまったく違和感はない」。しかし、この特徴的なフォームは学生時代から何度も修正されてきた。駅伝の強豪、豊川高を卒業後、実業団を2度移籍して2年前に現所属へ。里内正幸コーチらの指導であらためてこのフォームに落ち着いた。

引用:https://www.daily.co.jp/general/2016/05/06/0009053538.shtml

 

また元マラソン日本記録保持者の、高橋尚子はこう分析しているようだ。

andou4

高橋尚子「安藤選手は走るフォームが非常にマラソン向きでブレないと言う所が、一ついいところですけど、気持的にもすごく冷静で判断がずっとできていたのが、これから楽しみな選手だなと思いました。」

 

いかにスタミナを消費せず、省電力で走るかがカギとなってくるマラソンでは、安藤友香のような上下動や腕振りの少ないフォームは、非常に適しているのかもしれない。

2000年ごろに同じように独特の走り方の選手が中国にいたのだが、それが「孫英傑」と言う選手だ。

andou

孫英傑も安藤のように腕をだらりと下げた走り方をしており、周囲からはフォームに批判的な意見もあったようだが、長距離トラックやマラソンでも日本人が全く歯が立たないほど速く、ほとんどの種目で世界レベルの好記録を残している。

孫英傑の自己ベスト
5000m 14分40秒41(2002年)
10000m 30分07秒20(2003年)
ハーフマラソン 1時間08分40秒(2004年)
マラソン 2時間19分39秒(2003年)

同じように結果を出し知恵る選手がいるのを見ると、安藤友香のフォームも長い距離を走るには合理的と言えるのかもしれない。

孫英傑は世界陸上で銅メダルを取るも、その後ドーピング疑惑で競技から追放されてしまっていた。

アジアの選手ながら世界記録も狙えただけに、とても惜しい選手だ。

 

しかし安藤友香も同じように、マラソンで2時間20分切りが出来るポテンシャルを秘めている可能性はあるだろう。

世界陸上では野口みずきの持つ、2時間19分12秒の日本記録も狙ってほしいものだ。

 

<スポンサードリンク>

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • 失礼します。
    私が思うに、
    「理にかなった動き」とは、
    筋力よりも重力を利用し、
    身体構造に沿って省エネで最大効力を発する動き」
    と言えるのではないかと思っています。
    このマラソン選手の動きは腕の振りが少ないことが注目されていますが、
    おそらく股関節の脱力により腕の振りを最小限にして、
    背骨を中心に左右の捻れ、つまり動きのロスを最小限に抑えているように
    見えます。
    素人私見ですがそう思いました。
    ありがとうございました。

    by Ryoji Tabuchi 2018年3月13日 11:07 AM

コメントを残す




関連記事

山縣亮太が10秒00の日本歴代2位!スタートが完璧なら9秒台は確実か!?
中村奨成の進路は母親もファンの広島カープ?メジャーや日ハム大谷のバッテリーにも期待!
大迫傑がボストンマラソンで3位!東京オリンピックでメダルも期待!?
イチローのTシャツ「人の金で焼き肉が食べたい」等のブランド「オノマトピア」
多田修平が9秒94で9秒台の一角へ!中学・高校・大学の戦績は?
ニューイヤー駅伝2017の出場チームと優勝予想を考察
大晦日の格闘技2017のテレビ放送一覧!RIZIN・KYOKUGEN・朝青龍・ボクシングなど
田口心温はかわいい&将来性抜群も炎上が心配!妹の田口永真も強い?
山中慎介を嫌いな「因縁の相手」が行列に登場!安田幹男とケンカ勃発か?
松本薫の彼氏はツバメ顔の料理人!結婚して引退の可能性も?
柏原竜二の早すぎる引退理由は怪我。実業団富士通の成績も鳴かず飛ばず!
神風永遠のプロテスト結果は合格もAbemaTVで未放送!亀田興毅とも揉めた!?
畑岡奈紗の名は母親がNASAから。話題のルネサンス高校とは?
下関国際の坂原秀尚監督の指導に面白い・ブラック・おかしいなど様々な反応!
全国高校駅伝2016男子の結果とレース内容や見た感想など。

Menu

HOME

TOP