ゴッドファーザー衝撃シーン「馬の首」の裏話や枕についてのまとめ!

テレビ・アニメ
<スポンサードリンク>


名作映画「ゴッドファーザー」ってどんな映画なんだろう?

序盤…「ん~わりとのほほんとした映画だな」

「もっと暴力的な感じかと思ったけどこんなもんか」


馬の首

どん!

「ぎゃあああ!!」


こんな感じで衝撃を受けた人も多いと思います。

ゴッドファーザーは1972年の公開の映画ですが、未だファンが多く今見ても魅力的で素晴らしい映画です。

特にゴッドファーザーパート1は名作で、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドの演技力は圧倒的です。

今回は1の中でも衝撃的だった「馬の首」の、登場シーンのまとめや裏話などについて書いていきたいと思います。



ゴッドファーザーはAmazonプライムに登録すると見放題で視聴できます。

Amazonプライムは登録から31日間は無料期間です。(無料期間中に解約すればお金は一切かかりません)

ゴッドファーザーをAmazonプライムで見る



ゴッドファーザー「馬の首」についてのシーンの解説

歌手であるジョニー・フォンテーンにとって、ヴィトー・コルレオーネは代父の関係でした。

(代父とは本物の父親ではなく、宗教教育の責任者という形になること)

実際の血の繋がりはないですが、コルレオーネファミリーとはつながりのあるジョニー。


そんなジョニーは女性からはモテますが、歌手としての人気が下降気味だったようです。

そんなジョニーは人気回復のため、とある戦争映画に出演をオファーしていますが、映画監督であるジャック・ウォルツが絶対にジョニーを起用しようとはしません。

それは過去に監督のジャックが5年掛けて育てた「大事な新人女優」に、ジョニーが手を出してしまい、その女優を潰してしまったことが理由でした。


なんとか監督のジャックに、自分が映画に出演できるように説得してほしいとコルレオーネに頼むジョニー。

(自分の不貞が原因なのに、ジョニーは相当わがままな奴だったみたいです)


コルレオーネはしぶしぶジョニーの頼みを聞き、要求に応じると答えます。

コルレオーネは優秀な相談役の「トム・ヘイゲン」を、監督のジャックの元に向かわせることにしました。

ジャックの豪勢な自宅に向かったトム・ヘイゲン。


しかしもちろん監督のジャックはジョニーの起用を許そうとはしません。

ジャックは女優をダメにしたジョニーのことを心底嫌っており、あいつを起用するのは絶対に嫌だ!と首を縦に振らないのでした。



あきらめたように見えたトム・ヘイゲンに、監督ジャックは自分の愛馬の自慢をしてみせます。

トム・ヘイゲンはあきらめて立ち去ったかのように見えました。


しかしジャックが翌朝目を覚ますと、ベッドがヌルヌルしていることに気づきます。

よく見るとそれは「何かの血」で、異常な事態を察知するジャック。


布団をめくると、そこには

「自分の愛馬の首」

が落ちており、ペッドは血まみれになっています。

数秒後、状況を理解したジャックは、自分の愛馬を殺された恐怖とコルレオーネファミリーの恐ろしさに、何度も絶叫を繰り返すのでした。


↓「ゴッドファーザー」ベッドに「馬の首」が落ちているシーン


恐怖に震えたジャックは、要求通りにジョニーを起用します。映画の主演を獲得したジョニーは、無事に人気が回復したそうです。

まさにコルレオーネの恐ろしさを理解するシーンでした。

後にジョニーがマイケルコルレオーネに、ラスベガスでのショーを依頼された際には、ドン・コルレオーネへの恩義からこれを了承しました。

この時の恩をジョニーはずっと覚えていたみたいです。



「馬の首」についての裏話

撮影に使われた馬の首は「本物」

ファンの間では有名ですが、

この撮影には「本物の馬の首」が使われています。

ベッドに付いていた血も全部本物だそうです。


撮影場所の近くにドッグフード工場があり、そこで使用されていた馬を借りてきたというのだから驚きですね。

しかし映画を見た動物保護団体からは抗議の声が多く届いてしまったのだとか。

それにたいしコッポラ監督は、

「この映画では多くの人間が殺されているが、みんな馬の心配をする。毎日200頭もの馬が、犬のペットフードのために殺されていることを、彼らは知らない」

と、反論しています。



馬の首の枕が販売されている

あまりにも衝撃的なこのシーンが有名になったので、

「馬の首の枕」

が作られて売られています。


もちろん実物のようなグロテスクさは無く、目はかわいい「✗」印がされていますが、首の部分は赤く染まっており、一緒に寝るにはちょっと勇気がいるかもしれません(笑)


<スポンサードリンク>

調べてみたところ、アマゾンなどのサイトでは販売しておらず、海外の個人サイト?のようなところで販売されているようです。

1つ45ドルで販売されているので、日本円で約5000円ですね。

海外の販売サイトはこちら 



ジョニーのモデルはフランク・シナトラ?

作中のジョニーのモデルは実在の歌手であるフランク・シナトラがモデルではないか?

と公開後に噂になったことがありました。


フランク・シナトラは1935年にデビューした歌手。

1939年にはマフィアと縁のあるナンシーと結婚し、特に女性から莫大な人気を集めます。

フランク・シナトラ – Wikipedia



しかしその後人気が低迷、さらに浮気などの女性問題や暴力問題で失墜の道をたどります。

しかしその後1953年の「地上より永遠に」に抜擢されたことで、人気は回復。

歌手として復帰を果たしました。

まるで映画のジョニーのような復活の仕方ですね。


ただここでは裏でマフィアや暴力団関係の繋がりが噂されていたようです。

ゴッドファーザーの原作者であるマリオ・プーゾはフランク・シナトラがモデルであることを否定していますが、映画を見たシナトラは激怒しプーゾを批判。

レストランで出会ったプーゾを激しく罵倒し、その後映画でのジョニーのシーンは大幅に縮小されたそうです。

(本当はもっと多くのシーンが撮影されていたそうですが、、気になりますね)



「馬の首」についての感想・オマージュシーン


このシーンはゴッドファーザーの中でもトップ3に入る衝撃がありました。

・直接手を下さなくともわかるマフィアの怖さ

・一見優しそうなコルレオーネの残虐さと恐ろしさ

が見えたシーンでしたね。


それにしても…映画監督のジャックは気の毒すぎてかわいそうです(笑)

手塩にかけて育てた女優をダメにされた上に、愛馬の首まで切り落とされてしまうなんて。


この馬の首については、視聴者だけでなく多くの映画監督も刺激を受け、似たような描写を映画の中に入れています。

SNSでは今も多くのコメントが寄せられていますね。



まとめ

以上、ゴッドファーザーの「馬の首」についてのまとめでした。

ファンとしてはこう言う裏話を知れるのは、すごく嬉しいし興味があります。


現在でも多くの人が影響を受けるゴッドファーザーはパート1からパート3まで存在します。

アマゾンプライムなら登録から31日間の無料お試しができ、パート1からパート3まで全て字幕版と吹替版で見ることが出来ます。

映画を見返したい方、パート3まで見たことがない方は、是非下記から登録してチェックしてみてください。

公式サイトからAmazonプライム31日間の無料お試しに登録する



<スポンサードリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました