荒牧愛美の夫バルボサの仕事や勤務先はどこ?Facebookから特定!

事件・ニュース
<スポンサードリンク>


大阪府堺市東区に住んでいた荒牧愛美さんを殺害したとして、バルボサ・アンデルソン・ロブソン容疑者に指名手配がかかっています。
今回の奥さんと子供に対する行い、また反省の色も見えず国外に逃亡した性格に、多くの非難の声も集まっています。
この記事ではバルボサ・アンデルソン・ロブソン容疑者が勤めていた、場所や仕事関係についてまとめていきたいと思います。



バルボサ・アンデルソン・ロブソン容疑者のプロフィール

本名: バルボサ・アンデルソン・ロブソン

年齢:33歳(2022年現在)

出身:ブラジル パラナ州北部ロンドリーナ市

住所、職業:不詳



バルボサ容疑者には勤務先があり、事件の後連絡していた

バルボサ容疑者は勤め先があったらしく、事件のあと勤務先に連絡を入れていました。

・8月22日午前8時頃、「自転車で転んだので病院に行かせてほしい」と電話

・8月22日午後16時頃、「骨折したので2週間ほど休ませてほしい」と電話

・8月22日夜、荒牧愛美さんと、リリィちゃんが死亡

・8月23日、会社からバルボサ容疑者に電話してもつながらない

・8月24日午前9時、荒牧愛美さんとリリィちゃんが遺体で発見

事前に勤務先に連絡を入れている所から見ると、犯行はその場で咄嗟に行われたものではなく、あらかじめ計画されていたと考えられます。


勤務先で電話した人の話によると、

・元気が無いような感じだった

・22日16時の電話のときにはエコーがかかったような響く感じだった

・電話が遠くて聞き取りにくく、病院なのかと聞いたら、自宅です、と答えた

という情報があったそうです。



ちなみに勤務先の人の話によると、

・仕事は真面目にやっていた

・無断欠勤などはなかった

・キレるような所はあった

<スポンサードリンク>

・娘の写真を見せて自慢するような感じだった

こんな印象だったそうです。

わりと普通な感じな印象を受けるので、勤務先の人たちもまさかこんな事件が起きるとは考えていなかったんじゃないでしょうか。



Facebookから特定された勤務先について

バルボサ容疑者のFacebookはすでに特定されており、殺害された荒牧愛美さんとのやり取りも残っていました。

(現在はFacebookの情報は全て削除されているようです)

しかしプロフィールの欄には、以前の勤務先という事で情報がありました。


在学はColégio Estadual Professor Vicente Rijo

Colégio Estadual Professor Vicente Rijoは、ブラジルパラナ州ロンドリーナにある高等学校です。

Facebookはこちら

バルボサ容疑者は、この学校の卒業生のようです。

高校生までは地元のブラジルにいたことがわかります。



Bashment Saturday Japanに所属

Bashment Saturday Japan は毎週土曜日にパーティーを開催し、派手に騒ぐようなグループだったようです。

Facebookはこちら

ちらっと見たところ、会費は男女ともに5000円など。

ゲストにミュージシャンやDJを呼んで、盛り上がるような場だったみたいですね。

バルボサ容疑者がどのように関わっていたのかは分かりませんが、ここで主催者側として働いていた可能性がありそうです。

ちなみに「Bashment(バッシュメント)」とは、パーティーで派手に騒ぐというレゲエ用語。

ブラジルではサンバやレゲエなどが有名ですが、バルボサ容疑者も音楽が好きだったのかも知れません。

PCI Party Cup Internationalに所属

その後はPCI Party Cup Internationalに所属していたと書かれていました。

→ Facebookはこちら

こちらは住所が大阪となっていますね。

こちらもヒップホップやレゲエなどのダンスパーティーを行っているグループのようです。

名前にインターナショナルとあるので、日本人と外国人が混ざるようなパーティーだったのかも知れません。


バルボサ容疑者はここでスタッフ、もしくはパフォーマーとして働いていた可能性があります。

ひょっとしたら荒牧愛美さんと知り合ったのは、このパーティーがきっかけだったのかもしれません。

東心斎橋BAR B-TRIPの名前も

また東心斎橋BAR B-TRIPの名前も登場しています。

ここは勤務先だったのかどうかは不明です。

先に紹介したようなパーティーを行っていたのが、この場所だったのかも。

これまでの情報を見てみると、バルボサ容疑者は音楽とかパーティー系の仕事をしていたことが分かります。


音楽やラップが好きだったり、ブラジル人という利点を生かして、そのような場所で働いていた可能性があります。

しかしコロナ禍となってしまったため、このような商売は一気に厳しくなってしまったはず。

インタビューにあった勤務先の方の話しぶりや、「真面目に働いていた」という情報から、バーやパーティー系の仕事とは考えにくく、普通の会社や工場に就職していた可能性がありそうです。



現在は日本を離れ、ブラジルに逃亡している模様

事件後は職業:不詳と報道されており、恐らく勤務先はすでに解雇になったものと思われます。

日本では指名手配が行われていますが、事件後の8月26日月曜日に、すでにブラジルへ出国したという情報も。

発見を遅らせるため、愛美さんの携帯を使って偽装メールをするなど、反省の色が全く見られていません。

今回の事件の罪を償うためにも、日本の警察は早く逮捕してもらい、バルボサ容疑者には罪を償ってもらいたいですね。



<スポンサードリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました