デーデーブルーノのWikiや国籍。9秒台の可能性を秘めた大器に期待!

<スポンサードリンク>

日本選手権でデーデーブルーノの走りを見た人は、「将来絶対に化ける!」と思った人も多いんじゃないでしょうか。

まだ大学生ですが陸上を初めたのは高校2年の時。

走るたびに自己ベストを更新しており、その走りにもスケールの大きさを感じさせます。

今回はデーデーブルーの選手のプロフィールなどについてまとめてみました。

 

 

デーデーブルーノのWikiやプロフィール

(引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/bb174cacc510d55bd4bd8ba9b4dd505036dff900)

名前 デーデーブルーノチクワド凌
誕生日 1999年10月7日
出身 長野県
学校 松本市立筑摩野中学校 → 創造学園高校 → 東海大学
身長 177cm
体重 77kg
国籍 父親:ナイジェリア
母親:日本
自己ベスト 100m 10秒19
200m 20秒77

 

高校1年の秋ごろまではサッカーをしていましたが、本人曰く「ダメだった」とのこと。

部を退部して放課後はアルバイトを5ヶ月ほど行っていたそうです。

「キッチンでハンバーグ作ってました。たしか時給880円とかだったと思います」。

 

しかし元々体を動かすのは好きだったので、足は速かったそうです。

高校2年から陸上部に入部すると、初めて出場した大会でいきなり10秒台をマーク。

技術はまだまだでしたが素質は光っていたそうです。

その後は走るたびに記録を伸ばし、高校3年生の7月には10秒45をマーク。

関係者からは注目されていました。

 

さらに2020年の日本インカレでは追い風1.8mの中10秒20で2位の成績を残します。

これまで同世代最強と言われていた宮本大輔選手の後ろを走っていましたが、自己ベストで宮本選手を逆転。

さらに2021年の日本選手権では、桐生祥秀、山縣亮太、サニブラウン・アブデル・ハキーム、小池祐貴ら9秒台の選手に先着して2位でゴール。

 

陸上歴6年ながらトップ選手に割り込んで入り、今後の成長が楽しみな選手となりました。

 

国籍はナイジェリアと日本のハーフ!

デーデーブルーノ選手は父親がナイジェリア人、母親が日本人のハーフです。

本名が「デーデーブルーノチクワド凌」になります。

 

ナイジェリアはアフリカ中部に人口が2億人もある国で、アフリカ最大の人口を持つ国になります。

スポーツはサッカーが盛んですね。

アフリカでは最も強豪と言われる国で、ワールドカップもベスト16に入ることもしばしば。

 

陸上短距離走はアメリカやジャマイカに比べると劣りますが、それでもフランシス・オビクェルなど、2004年のアテネ・オリンピックで銀メダルを獲得した有名選手がおり、9秒台を排出した選手も多いです。

身体能力は高い民族と言えるでしょう。

 

ナイジェリアの陸上短距離選手

フランシス・オビクェル 100m 9秒86(+0.6)
オルソジ・ファスバ 100m 9秒85(+1.7)
セウン・オグンコヤ 100m 9秒92(-0.2)

 

 

同世代のハーフの選手や国籍について

同じ短距離100mの選手には、元日本記録保持者のサニブラウン。アブデル・ハキーム選手がいますが、彼はガーナ人の父親と日本人の母とのハーフです。

(引用:https://www.jaaf.or.jp/athletes/profile/abdul_hakim_sanibrown/)

<スポンサードリンク>

また100mのケンブリッジ飛鳥選手や、400mのウォルシュ・ジュリアン選手はジャマイカ人の父親と日本人母親とのハーフ。

(引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/bfa060fe3098cef16bf03dacc367a7617528b087)

(引用:https://www.jaaf.or.jp/athletes/profile/julian_walsh/)

 

ナイジェリア人のハーフは陸上ではないですが、野球のオコエ瑠偉選手がそうですね。

(引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/11b23514216b958e2bf3351709e6069915524ee5)

 

あとはサッカーのU17代表だった藤田譲瑠チマ選手も父ナイジェリア、母日本のハーフです。

(引用:https://soccermagazine.jp/j2/17379607)

 

他にはテニスの大坂なおみ選手が父親がハイチ、母親日本人。

バスケの八村塁選手は父親がベナン、母親が日本人のハーフです。

ここ最近ではハーフのスポーツ選手の活躍が目覚ましいですが、この傾向は今後も増えていくと思われます。

デーデーブルーノ選手もその1人と言ってもいいでしょう。

 

世間の反応

デーデーブルーノ選手のポテンシャルは多くの人が感じているらしく、今後の活躍を期待する声も大きいです。

9秒台に到達する可能性も多いにありそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

まだ陸上初めて6年のデーデーブルーの選手は、今後も目覚ましい活躍を遂げていくと考えられそうです。

オリンピック、世界選手権と期待の選手に成長していくことでしょう。

日本勢の100m決勝進出、4×100mリレー金メダルの期待も膨らみますね。

今後の彼の活躍に注目していきましょう!

 

<スポンサードリンク>

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

高木京介巨人復帰も世間の反応は厳しい?年俸推移もダダ下がりか。
畑岡奈紗の名は母親がNASAから。話題のルネサンス高校とは?
ひふみんアイとは??藤井聡太四段も使う加藤一二三の仁王立ちスペシャル!
亀田京之介次戦は11月12日にvs溝越斗夢!Twitterでは大ゲンカへ! ‏
村田諒太vsアッサンエンダム試合の判定はおかしい?審判の八百長の噂も?
フェイサ・リレサの抗議ポーズの意味と帰国しない理由について
中村奨成の進路は母親もファンの広島カープ?メジャーや日ハム大谷のバッテリーにも期待!
【8年使用】自宅用吊り下げ型サンドバッグを使い続けた感想・使い心地を徹底レビュー。
2016大晦日の格闘技戦(3局)一覧。日程やテレビ放送時間など
noimage
アリソンフェリックス彼氏との結婚はいつ?30超えてもかわいい姿に驚き!
タイガーウッズ逮捕の写真が宮川大輔にしか見えない・・・薬物疑惑にまるで別人!?
斎藤佑樹はいつ戦力外に?引退やトレードの噂が止まらない!
辻沙絵がかわいすぎてCGsayaに似てる?障害を乗り越えメダリストへ
WBC山田の「幻のホームラン」取った少年の炎上&便乗&ネタツイートまとめ。

Menu

HOME

TOP