桐生祥秀が100m9秒98!日本記録の推移と世界の比較はどうなる?

東洋大の桐生祥秀(21)が2017年9月9日、日本人初の公式9秒台で日本記録となる9秒98(+1.8)をマークした。

これまでの日本記録は、1998年に伊藤浩司がマークした10秒00。

実に19年ぶりの日本記録&初の10秒の壁を破り、世間は大きく湧くこととなった。

<スポンサードリンク>

 

桐生祥秀が100m9秒98をマーク!

桐生が9秒台をマークしたのが、2017年9月9日に行われた日本学生陸上競技対抗選手権でのこと。

予選から10秒18(+4.7)と好調だった桐生は、決勝で追い風1.8mと言う好条件の中、見事に9秒98でゴール。

2着の多田修平も、10秒07と言う好記録でゴールした。

 

 

19年ぶりにようやく生まれた日本記録と言う事で、全記録保持者の伊東浩二選手もほっと胸をなで下ろしているようだ。

今回桐生が9秒台を出したことにより、あとに続く選手がどんどん9秒台を出してくると言う期待もされている。

今の短距離界は10秒0台の選手が充実しており、これらライバルたちも桐生に続く可能性は高いだろう。

山縣亮太 100m自己ベスト 10秒03

 

ケンブリッジ飛鳥 100m自己ベスト 10秒08

 

多田修平  100m自己ベスト 10秒07

<スポンサードリンク>

 

サニブラウン・アブデル・ハキーム  100m自己ベスト 10秒05

 

飯塚翔太 100m自己ベスト 10秒08

 

いずれも互いに抜きつ抜かれつの若手選手。

この5人も、ほぼ桐生祥秀と同じ力を持っているのは間違いない。

 

日本記録の推移と世界記録の推移の比較

しかし日本記録の9秒台は、むしろ出すのは遅かったと言ってもいいかもしれない。

世界との差は1968年から徐々につまり、最大で0.16まで詰まったが、そこから徐々に離され今では最初に逆戻りだ。

100mの日本記録と、世界記録の推移と比較をまとめてみたのが以下の通り。

 

やはりウサイン・ボルトの登場で、一気に世界記録が0.19も塗り替えられたのは大きい。

日本記録がこれに追いつくのは、もはや不可能の領域と言ってもいいだろう。

サニブラウン当たりが、9秒8あたりまで更新してくれれば大きいと思うのだが・・・

 

<スポンサードリンク>
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

「藤井聡太四段」学校は休んだり欠席してもなぜ大丈夫?羽生善治や加藤一二三ら中学棋士の疑問。
神風永遠のTwitter大炎上!カマキリ昇竜拳も1RKOで顎パッカーン!
ウサイン・ボルトの浮気や女遊びがすごい。彼女との結婚も破断続き?
赤井沙希の過激プロレスコスチュームがヤバい!すっぴん負けも。
WBCのホームランキャッチの少年に「松永悟」の名前デマが拡散!ツイ垢&住所特定も。
松本薫の彼氏はツバメ顔の料理人!結婚して引退の可能性も?
全国高校駅伝2016男子の出場校予選ランキングと優勝予想。
ゴロフキンvsアルバレスの放送はWOWOW以外では?予想やオッズについて!
問題児亀田京之介がジョーとともにプロへ!ヤンキー上がりの実力はいかに??
矢野燿大コーチとバレンティンが飛び蹴り乱闘も原因は金本監督?藤浪のノーコンに心配も?
2016大晦日の格闘技戦(3局)一覧。日程やテレビ放送時間など
井上大仁マラソンに適正か?高校時代や箱根の成績をチェック!
高木京介巨人復帰も世間の反応は厳しい?年俸推移もダダ下がりか。
全豪オープンテニス2017ドローと優勝予想。錦織は第5シード、一回戦の相手も確定。
北風沙織が引退へ。かわいいアイドルスプリンターも旦那と結婚し見納めに。

Menu

HOME

TOP