桐生祥秀が100m9秒98!日本記録の推移と世界の比較はどうなる?

<スポンサードリンク>

東洋大の桐生祥秀(21)が2017年9月9日、日本人初の公式9秒台で日本記録となる9秒98(+1.8)をマークした。

これまでの日本記録は、1998年に伊藤浩司がマークした10秒00。

実に19年ぶりの日本記録&初の10秒の壁を破り、世間は大きく湧くこととなった。

<スポンサードリンク>

 

桐生祥秀が100m9秒98をマーク!

桐生が9秒台をマークしたのが、2017年9月9日に行われた日本学生陸上競技対抗選手権でのこと。

予選から10秒18(+4.7)と好調だった桐生は、決勝で追い風1.8mと言う好条件の中、見事に9秒98でゴール。

2着の多田修平も、10秒07と言う好記録でゴールした。

 

 

19年ぶりにようやく生まれた日本記録と言う事で、全記録保持者の伊東浩二選手もほっと胸をなで下ろしているようだ。

今回桐生が9秒台を出したことにより、あとに続く選手がどんどん9秒台を出してくると言う期待もされている。

今の短距離界は10秒0台の選手が充実しており、これらライバルたちも桐生に続く可能性は高いだろう。

山縣亮太 100m自己ベスト 10秒03

 

ケンブリッジ飛鳥 100m自己ベスト 10秒08

 

多田修平  100m自己ベスト 10秒07

<スポンサードリンク>

 

サニブラウン・アブデル・ハキーム  100m自己ベスト 10秒05

 

飯塚翔太 100m自己ベスト 10秒08

 

いずれも互いに抜きつ抜かれつの若手選手。

この5人も、ほぼ桐生祥秀と同じ力を持っているのは間違いない。

 

日本記録の推移と世界記録の推移の比較

しかし日本記録の9秒台は、むしろ出すのは遅かったと言ってもいいかもしれない。

世界との差は1968年から徐々につまり、最大で0.16まで詰まったが、そこから徐々に離され今では最初に逆戻りだ。

100mの日本記録と、世界記録の推移と比較をまとめてみたのが以下の通り。

 

やはりウサイン・ボルトの登場で、一気に世界記録が0.19も塗り替えられたのは大きい。

日本記録がこれに追いつくのは、もはや不可能の領域と言ってもいいだろう。

サニブラウン当たりが、9秒8あたりまで更新してくれれば大きいと思うのだが・・・

 

<スポンサードリンク>

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

山縣亮太が10秒00の日本歴代2位!スタートが完璧なら9秒台は確実か!?
亀田京之介次戦は11月12日にvs溝越斗夢!Twitterでは大ゲンカへ! ‏
矢野燿大コーチとバレンティンが飛び蹴り乱闘も原因は金本監督?藤浪のノーコンに心配も?
アッサン・エンダムの戦績や強さ。村田諒太の方が勝敗予想は有利!?
田口心温はかわいい&将来性抜群も炎上が心配!妹の田口永真も強い?
舟津彰馬のあいさつに感動。中大の箱根駅伝連続出場87で途切れる
米国のタイソン・ゲイがボブスレーに挑戦!陸上はリオで引退か?
神風永遠がプロボクサーの道も企画倒れが心配!ジョーとの対戦は??
問題児亀田京之介がジョーとともにプロへ!ヤンキー上がりの実力はいかに??
山中慎介敗戦!大和トレーナータオル投入早すぎは辻昌建の事故が原因?
京口紘人の戦績や強さがヤバい!兄の竜人が起こした事件も壮絶・・・
斎藤佑樹はいつ戦力外に?引退やトレードの噂が止まらない!
アリソンフェリックス彼氏との結婚はいつ?30超えてもかわいい姿に驚き!
多田修平が9秒94で9秒台の一角へ!中学・高校・大学の戦績は?
フェイサ・リレサの抗議ポーズの意味と帰国しない理由について

Menu

HOME

TOP