山縣亮太が10秒00の日本歴代2位!スタートが完璧なら9秒台は確実か!?

桐生祥秀の9秒98に続き、ケガで調子の出なかった山縣亮太が日本歴代2位の10秒00をマークした。

追い風やスタートの状況などを考えると、実質桐生よりも速かったと言えるかもしれない。

山縣亮太の9秒台突入は、もはや時間の問題か??

<スポンサードリンク>

 

山縣亮太が10秒00の日本歴代2位!

実業団のSEIKOに所属する山縣亮太が、9月24日に行われた全日本実業団選手権で10秒00(+0.2)をマークした。

この記録は9月9日に桐生祥秀がマークした9秒98に続く、日本歴代2位の記録となる。

 

9月24日時点での男子100m日本歴代記録

1位 桐生祥秀 9秒98 +1.8 2017年9月9日
2位 伊東浩司 10秒00 +1.9 1998年12月13日
2位 山縣亮太 10秒00 +0.2 2017年9月24日
4位 朝原宣治 10秒02 +2.0 2001年7月13日
5位 末續慎吾 10秒03 +1.8 2003年5月5日
6位 サニブラウン・アブデル・ハキーム 10秒05 +0.6 2017年6月24日
7位 江里口匡史 10秒07 +1.9 2009年6月28日
7位 多田修平 10秒07 +1.8 2017年9月9日
9位 飯塚翔太 10秒08 +1.9 2017年6月4日
10位 ケンブリッジ飛鳥 10秒08 -0.9 2017年6月23日

 

スタートやリアクションタイムは遅め?完璧なら9秒台は確実??

しかし今回山県が出した10秒00は、追い風0.2mと言う微風で出した記録。

追い風1.8mだった桐生の9秒98と、同じくらいの速さか、それ以上だと言えそうだ。

さらにスタートに定評のある山県にしては、今回のリアクションタイムはそれほど速いとは言えなかった。

<スポンサードリンク>

山県のリアクションタイムは0.138秒

2016年9月25日に10秒03を出した時のリアクションタイムは0.107秒

スタートが他の選手よりも速い山県の大きな特徴と言えるが、今回は復帰戦で慎重になっていたのかもしれない。

 

そして追い風についても、今回は+0.2mの微風と言うコンディション。

男子100mの追い風における影響は、+0.2mに付き、約0.01秒と言われている。


仮にリアクションタイムが10秒03を出した時と同じ0.107、追い風が+2.0mの好条件だったとすると、今日の山県の記録は、

9秒88(+2.0m)

と言う事になる。

あくまでも計算上だが、条件が揃えば9秒8台のタイムを出す力が山縣亮太にはあると言えそうだ。

世界選手権の代表から外れ、心配されていた山縣亮太だったが、見事に第一線へと復活。

このままさらに成長し、9秒台をコンスタントに出せるような選手になってくれれば、東京オリンピックでの決勝も夢ではない。

また桐生を始め、多田、サニブラウン、ケンブリッジなど、他の選手の刺激にもなれば、日本の短距離界はますます強くなることは間違いない。

 

<スポンサードリンク>
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

斎藤佑樹はいつ戦力外に?引退やトレードの噂が止まらない!
ウサイン・ボルトの浮気や女遊びがすごい。彼女との結婚も破断続き?
フェイサ・リレサの抗議ポーズの意味と帰国しない理由について
秋山雄飛の進路は中国電力へ。隊長は今日もレーザービーム!
赤井沙希の過激プロレスコスチュームがヤバい!すっぴん負けも。
大坂なおみ父の国籍ハイチとは?関口メンディーとの驚きの関係が判明!
東京オリンピックで期待できる日本選手や競技種目はこれ!注目選手も考察。
noimage
全豪オープンテニス2017ドローと優勝予想。錦織は第5シード、一回戦の相手も確定。
安藤友香の独特の走り方(忍者走り)はマラソン向き?孫英傑に似た走り。
亀田と戦う総長ユウタは暴走族MADMAX16代目!「麦わらのユウタ」でアウトサイダー出場も。
魔裟斗が子供大好きイクメンに!嫁の矢沢心とは結婚後も仲良し!
イチローのTシャツ「人の金で焼き肉が食べたい」等のブランド「オノマトピア」
全国高校駅伝2016男子の結果とレース内容や見た感想など。
ゴロフキンvsアルバレスの放送はWOWOW以外では?予想やオッズについて!

Menu

HOME

TOP