桐生祥秀が100m9秒98!日本記録の推移と世界の比較はどうなる?

東洋大の桐生祥秀(21)が2017年9月9日、日本人初の公式9秒台で日本記録となる9秒98(+1.8)をマークした。

これまでの日本記録は、1998年に伊藤浩司がマークした10秒00。

実に19年ぶりの日本記録&初の10秒の壁を破り、世間は大きく湧くこととなった。

<スポンサードリンク>

 

桐生祥秀が100m9秒98をマーク!

桐生が9秒台をマークしたのが、2017年9月9日に行われた日本学生陸上競技対抗選手権でのこと。

予選から10秒18(+4.7)と好調だった桐生は、決勝で追い風1.8mと言う好条件の中、見事に9秒98でゴール。

2着の多田修平も、10秒07と言う好記録でゴールした。

 

 

19年ぶりにようやく生まれた日本記録と言う事で、全記録保持者の伊東浩二選手もほっと胸をなで下ろしているようだ。

今回桐生が9秒台を出したことにより、あとに続く選手がどんどん9秒台を出してくると言う期待もされている。

今の短距離界は10秒0台の選手が充実しており、これらライバルたちも桐生に続く可能性は高いだろう。

山縣亮太 100m自己ベスト 10秒03

 

ケンブリッジ飛鳥 100m自己ベスト 10秒08

 

多田修平  100m自己ベスト 10秒07

<スポンサードリンク>

 

サニブラウン・アブデル・ハキーム  100m自己ベスト 10秒05

 

飯塚翔太 100m自己ベスト 10秒08

 

いずれも互いに抜きつ抜かれつの若手選手。

この5人も、ほぼ桐生祥秀と同じ力を持っているのは間違いない。

 

日本記録の推移と世界記録の推移の比較

しかし日本記録の9秒台は、むしろ出すのは遅かったと言ってもいいかもしれない。

世界との差は1968年から徐々につまり、最大で0.16まで詰まったが、そこから徐々に離され今では最初に逆戻りだ。

100mの日本記録と、世界記録の推移と比較をまとめてみたのが以下の通り。

 

やはりウサイン・ボルトの登場で、一気に世界記録が0.19も塗り替えられたのは大きい。

日本記録がこれに追いつくのは、もはや不可能の領域と言ってもいいだろう。

サニブラウン当たりが、9秒8あたりまで更新してくれれば大きいと思うのだが・・・

 

<スポンサードリンク>
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

秋山雄飛の進路は中国電力へ。隊長は今日もレーザービーム!
アルマズ・アヤナ旦那とのラブラブぶりがすごい!5000mと10000mの記録更新なるか?
大迫傑がボストンマラソンで3位!東京オリンピックでメダルも期待!?
ホセ・フェルナンデス事故死の現場画像。投手の才能は日本の大谷クラスか?
理論派「為末大」結婚して嫁も子供もいた!ブータンネタで炎上も??
WBC戦犯は松田のファンブル?菊池のエラー?アメリカ戦の反応まとめ
ニューイヤー駅伝2017の出場チームと優勝予想を考察
noimage
亀田と戦う総長ユウタは暴走族MADMAX16代目!「麦わらのユウタ」でアウトサイダー出場も。
問題児亀田京之介がジョーとともにプロへ!ヤンキー上がりの実力はいかに??
關颯人は世界を狙える逸材!イケメンで彼女もいるの?
大坂なおみ父の国籍ハイチとは?関口メンディーとの驚きの関係が判明!
神風永遠のTwitter大炎上!カマキリ昇竜拳も1RKOで顎パッカーン!
山縣亮太が10秒00の日本歴代2位!スタートが完璧なら9秒台は確実か!?
山本勇気逮捕に青木真也が怒り爆発!交際相手の彼女は安藤志穂美じゃない?

Menu

HOME

TOP