e-Sportsオリンピック種目のゲームタイトル予想。ストVやスマブラなど期待!?

e-Sportsがアジアオリンピック競技で、正式にメダル競技になる事が発表された。

予定では2018年に開催される大会でデモンストレーションが行われ、そして2022年には正式種目としてエントリーされることが発表されている。

海外では非常に人気があり、巨額な賞金の大会も行われているe-Sportsだが、日本ではあまりメジャーではない。

しかしIT化の進んだ現在では、オリンピック参加をきっかけに大きな人気を呼ぶ可能性もありそうだ。

いずれは正式なオリンピックで、世界中の選手たちがゲームで競う姿が見られるかもしれない。

<スポンサードリンク>

 

e-Sportsとは?

esupo

e-Sportsとはエレクトロニック・スポーツの略称。

テレビゲームなどのコンピューターゲームを使ったスポーツのことだが、要はプレイステーションや任天堂Wiiuなどのゲームを、野球やサッカーと同じような競技として見ていると言うことだ。

日本ではあまり知られていないので、「テレビゲーム」と言うと子供の遊びに聞こえる人も多いが、e-Sportsは全世界ですでに5000万人以上の競技人口があり、年収1億円プレイヤーも存在するなどその規模は年々拡大している。

もはやビジネスや競技として成り立つレベルにまで発展し、ゲームの地位は格段に上がっているのだ。

e-Sportsの競技ジャンルについては、現在8つのジャンルに分けられている。

・FPS部門(シューティングゲーム)

・MOBA部門(マルチオンライン)

・RTS部門(戦略ゲーム)

・格闘ゲーム部門

・スポーツ部門

・モバイル部門

・パズル部門

・オンラインカード部門

すでに世界中ではe-Sportsのプロ選手もおり、日本では梅原大吾やaMsaなどがプロとして活動している。

 

実装されるゲームタイトルを予想!人気のゲームは?

オリンピック競技として認められるためには、世界中でそれなりの人気があり、プレイ人口が多いものになるはず。

ゲームタイトルについては、この当たりが予想されそうだ。

 

・League of Legends MOBA部門(マルチオンライン)

2009年に公開された無料のオンラインPCゲームで、全世界のプレイ人口は7000万人越えと言うすさまじい規模のゲーム。

主に略称として「LoL」と呼ばれている。

5vs5で戦う形式で、相手の陣地にあるターゲットを破壊した方が勝利となる。

100種類以上のキャラクターがおり、それぞれ得意なことが違うため、戦略的なプレイが必要。

2015年に日本でもプレイできるようになり、今なお競技人口が増え続けている世界人気ナンバー1のPCゲームだ。

アメリカではLoLのプロプレイヤーは、野球などのプロスポーツ選手と同等の扱いを受けている。

 

・Dota2 MOBA部門(マルチオンライン)

内容的にはLeague of Legendsと同じような、マルチオンラインゲーム。

人気はLeague of Legendsの方が上だが、こちらも非常に人気のあるゲームだ。

 

・Star Craft II RTS部門(戦略ゲーム)

全世界で1000万ダウンロードを突破した「Star Craft」の続編。

<スポンサードリンク>

3つの種族のうちどれか1つを選び、資源を集め軍隊を編成して戦うゲームだ。

相手のチームと戦争形式のバトルを行い、生き残っていたほうが勝利となる。

日本ではRTSと言うジャンルはマイナーだが、世界ではプレイ人口が多く人気がある。

日本語には対応していないが、簡単な英語力があればプレイできる内容だ。

 

・Counter-Strike: Global Offensive FPS部門(シューティングゲーム)

別名CS:GOとも呼ばれる、初期版は1999年に発売され、現在もアップデートを続けているゲーム。

目標を爆破させるテロリストと、人質を救出する特殊部隊に分かれて対戦する。

複数のチームメイトと銃撃戦を駆使して、目的を達成した方が勝利できるゲームだ。

アメリカやロシアで非常に人気があり、日本ではややマイナー。

FPS(シューティングゲーム)では、世界でもっとも人気がある有名ゲームだ。

 

この当たりのゲームタイトルが、世界的に人気があって候補となってくるはず。

見てみると分かるが、世界で人気があっても、日本ではあまり知られていないものも多い。

やはりオリンピックのような競技になると、国内だけではなく世界的な人気や競技人口が必要になってくるため、日本ではそこまで人気のないゲームが競技種目になる可能性も高そうだ。

日本で人気があり、さらに世界でも知られているゲームとなると、やや難しくなってくるだろうか。

この当たりのゲームはまだチャンスがありそうだ。

 

・大乱闘スマッシュブラザーズ

日本初の任天堂キャラを使った格闘ゲーム。

相手のダメージを与えると%が上がって吹っ飛びやすくなり、相手を場外に飛ばしたほうが勝ちとなる。

現在は3DS/Wiiu版が最新だが、海外では過去作のゲームキューブ版のDX方が根強い人気がある。

競技に選ばれるとしたら、過去作となってしまう可能性もありそうだ。

 

・ストリートファイター5

スーパーファミコン時代から発売されているストリートファイターシリーズの第五弾。

1vs1で戦い、相手のHPゲージを0にした方が勝ちとなる。

現在も優勝賞金数百万の大会が行われており、海外からの評価も高い。

日本での人気はそこそこだが、海外で根強い人気がある珍しいパターンだ。

 

・スプラトゥーン

基本は4vs4で戦う、陣取りゲーム的な形式。

フィールド内で敵を攻撃しつつ、自分の色のペイントを多く塗り、制限時間内に色の割合が多かった方が勝ちとなる。

日本では任天堂wiiuでもっとも売れたソフトで、海外でも約300万本が売れている。

しかし世界的に見ると、まだまだ人気は少ないと言った感じだ。

 

・ポケットモンスター

スマホアプリ「ポケモンGO」がヒットしたことからわかる通り、日本だけではなく海外からの人気も非常に高い。

たくさんの種類がいる「ポケモン」を捕まえてストーリーを進め、図鑑を完成させるのが目的だが、育成したポケモンを使った対戦が可能。

世界大会も何度も行われており、手持ち4匹、場に2体ずつ出して戦うルールがセオリーだ。

人気は十分だが、オリンピックの競技性と言う所からすると、やや子供向けなのがネックだろうか。

 

競技に選ばれるとしたら、この当たりのゲームが可能性が高いと思われる。

いずれはプロゲーマーも、プロ野球選手のような稼げる職業に変わっているかもしれない。

 

<スポンサードリンク>
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

GANTZ大阪編(ぬらりひょん)のネタバレやあらすじストーリーなど。
青鬼2「先生編」最後の攻略!追いつかれる人はシェアボタンを連打!岩の部分も紹介
ステージ59城之内で孔雀舞40に3回速攻勝利のデッキはカラテマンがおすすめ!
グレープ君、過去に嫁をNTRていた事実判明。海外の反応も上々?
青鬼「謎の男編」攻略やネタバレなど。正体はアイツの父親!?
パズドラ山本大介Pのクソコラ画像たちがすごすぎて笑える
人造人間21号がファイターズに登場!超やドッカンバトルにも実装なるか??
青鬼2「ニケちゃん編」のネタバレ。正体はねずみもその後を考察。
デュエルリンクスでハネハネ強制敗北のバグが発動中!
闇バクラ40周回デスカウンターよりバーンデッキの方が安定!勝てない人は必見。
先生白書の感想や軽いネタバレ。冨樫義博のゲーム好きや腰痛などが明らかに?
マフィア3海外版配信&動画チェック!自由度や低評価の理由など。
ポケモン「サン・ムーン」のペルシアン(アローラ)がブサイク過ぎでワロタww
青鬼2「校長編」のネタバレと最後の考察。真相や黒幕はどういう事??
ザマスの声優三木眞一郎さんは他にもこんな声やってた!

Menu

HOME

TOP