ロマゴンがプロ初の敗戦&ダウンシーン!井上尚弥との対戦はどうなる?

プロ戦績46戦全勝38KO、パウンド・フォー・パウンドでも1位に選ばれていた、ニカラグアのロマゴンこと「ローマン・ゴンザレス」が、47戦目にしてプロ初の黒星を付けられた。

相手はWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチでの対戦で、タイのシーサケット・ソー・ルンヴィンサイ、戦績は41勝4敗1分け38KOの強打者。

序盤にふいのダウンをもらい、その後ロマゴンが押し返すも判定を覆すには至らず、114-112、114-112、113-113の2-0の判定で、僅差でシーサケットに軍配が上がった。

プロ初の敗戦を喫したローマン・ゴンザレスは、その後インタビューに答えることなく控室へと去っていったようだ。

<スポンサードリンク>

 

ロマゴンがプロ初の敗戦&ダウンシーン!

ロマゴンがプロ初の敗戦へ。

1Rにふいのダウンをもらい、後半の巻き返しも実らず、判定で黒星となった。

↓ローマン・ゴンザレスvsシーサケット・ソー・ルンヴィンサイ

 

 

ロマゴンの敗因としては、

・1ラウンド目の不運気味のダウン

・3ラウンド、6ラウンドにバッティングで目を切った事

・スーパーフライでは今までのような打撃が通用しなかった

当たりだろうか。

相手のシーサケットもパンチが強く、ロマゴンと言えど苦戦した相手だった。

井上とやる前に黒星を付けられてしまったのは残念。

今後、階級を戻す可能性もあるかもしれない。

 

なお、試合の模様はWOWOWで3月20日、4月2日、4月11日に再放送される。

romagon1

romagon2

↓WOWOWに加入する 

 

井上尚弥とロマゴンの対戦はどうなる?

ロマゴンが王座から陥落してしまったことで、事実上井上尚弥がロマゴンと対戦する理由が無くなってしまった

対戦の実現が遅くなってしまう事は明らかだろう。

 

実は2017年末に井上尚弥とロマゴンとの対戦が行われる可能性があったようだが、恐らくこれも白紙になったはず、、残念。

井上はこの日、村田諒太(帝拳)とともにゴンサレスとゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が出場したニューヨークの試合のゲスト解説を務め、ゴンサレス陥落を目の当たりにした。

パウンド・フォー・パウンドの1位にランクされ、同じクラスの対抗王者でもあるロマゴンとの対戦は、本人もファンも楽しみにしていたところ。井上は「(大橋秀行)会長から今年の年末にあるかもしれないと聞いていたのでショックですね」とがっかりした様子で語った。

試合の内容については「1ラウンド目のダウン、(3ラウンドに喫した)カットは不運だった」としながら「(S・フライ級にクラスを上げて)相手の耐久力もあって、ゴンサレスパンチがミニマム、L・フライ、フライのときは押し切れた場面で押し切れなかった印象がある」と分析した。

引用:http://boxingnews.jp/news/45787/

 

井上尚弥とロマゴンの対戦が実現するとなれば、井上が持つWBOスーパーライトフライ級のベルトに、ロマゴンが挑戦する形となる。

<スポンサードリンク>
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

山中慎介敗戦!大和トレーナータオル投入早すぎは辻昌建の事故が原因?
「藤井聡太四段」学校は休んだり欠席してもなぜ大丈夫?羽生善治や加藤一二三ら中学棋士の疑問。
2016大晦日の格闘技戦(3局)一覧。日程やテレビ放送時間など
斎藤佑樹はいつ戦力外に?引退やトレードの噂が止まらない!
神風永遠にシークレットブーツ疑惑?AAAサイトの身長がおかしい!
ホセ・フェルナンデス事故死の現場画像。投手の才能は日本の大谷クラスか?
タイガーウッズ逮捕の写真が宮川大輔にしか見えない・・・薬物疑惑にまるで別人!?
イチローのTシャツ「人の金で焼き肉が食べたい」等のブランド「オノマトピア」
ウサイン・ボルトの浮気や女遊びがすごい。彼女との結婚も破断続き?
全豪オープンテニス2017ドローと優勝予想。錦織は第5シード、一回戦の相手も確定。
米国のタイソン・ゲイがボブスレーに挑戦!陸上はリオで引退か?
出雲駅伝2016のエントリーと区間オーダー(※確定追記)予想。6強の群雄割拠か!?
ニューイヤー駅伝2017の出場チームと優勝予想を考察
赤井沙希の過激プロレスコスチュームがヤバい!すっぴん負けも。
アライさんジングルの翌日に新井貴浩さんが逆転3ラン!カープの危機を救うのだー!

Menu

HOME

TOP