全国高校駅伝2016男子の結果とレース内容や見た感想など。

今年も12月の4週目である25日に、全国高校駅伝が開催された。

世間ではいわゆるクリスマスなのだが、選手たちにとってはこの1年で積み上げてきた努力を爆発させる、非常に重要なイベントだ。

1月からはニューイヤー、箱根、都道府県駅伝と全国区の駅伝が開催されるが、その先駆けとなる大会と言ってもいいだろう。

今回は男子の結果やレース内容などを振り返っていこうと思う。

<スポンサードリンク>

 

全国高校駅伝2016男子の結果

総合順位

1位 2°02′34″ 倉敷 岡山
2位 2°03′16″ 佐久長聖 長野
3位 2°03′51″ 九州学院 熊本
4位 2°05′22″ 大分東明 大分
5位 2°05′31″ 伊賀白鳳 三重
6位 2°05′41″ 西脇工 兵庫
7位 2°05′49″ 世羅 広島
8位 2°06′10″ 洛南 京都
9位 2°06′24″ 鳥栖工 佐賀
10位 2°06′29″ 市船橋 千葉
11位 2°06′30″ 東農大二 群馬
12位 2°06′42″ 鹿児島実 鹿児島
13位 2°06′50″ 山梨学院 山梨
14位 2°06′54″ 浜松商 静岡
15位 2°07′03″ 小林 宮崎
16位 2°07′10″ 藤沢翔陵 神奈川
17位 2°07′13″ 札幌山の手 北海道
18位 2°07′17″ 國學院久我山 東京
19位 2°07′23″ 大牟田 福岡
20位 2°07′31″ 武蔵越生 埼玉
21位 2°07′35″ 秋田工 秋田
22位 2°07′40″ 佐野日大 栃木
23位 2°08′01″ 一関学院 岩手
24位 2°08′19″ 水城 茨城
25位 2°08′34″ 小豆島 香川
26位 2°08′52″ 仙台育英 宮城
27位 2°09′12″ 豊川 愛知
28位 2°09′15″ 酒田南 山形
29位 2°09′30″ 中京 岐阜
30位 2°09′39″ 関大北陽 大阪
31位 2°09′41″ 中越 新潟
32位 2°09′52″ 青森山田 青森
33位 2°10′01″ 西京 山口
34位 2°10′15″ 遊学館 石川
35位 2°10′17″ 鎮西学院 長崎
36位 2°10′47″ 富山商 富山
37位 2°10′54″ 鳥取城北 鳥取
38位 2°11′08″ 智辯学園 奈良
39位 2°11′18″ 出雲工 島根
40位 2°11′27″ 高知農 高知
41位 2°11′40″ 草津東 滋賀
42位 2°12′22″ 学法石川 福島
43位 2°12′23″ 松山商 愛媛
44位 2°12′31″ 美方 福井
45位 2°13′36″ つるぎ 徳島
46位 2°14′19″ コザ 沖縄
47位 2°16′22″ 和歌山北 和歌山

 

1区区間順位

1位 29′22″ 佐久長聖 長野 名取 燎太 3年
2位 29′27″ 伊賀白鳳 三重 塩澤 稀夕 3年
3位 29′28″ 九州学院 熊本 西田 壮志 3年
4位 29′32″ 國學院久我山 東京 菅原 伊織 3年
5位 29′33″ 倉敷 岡山 畝  拓夢 3年
6位 29′35″ 西脇工 兵庫 加藤  淳 3年
7位 29′39″ 洛南 京都 清水 颯大 3年
8位 29′45″ 秋田工 秋田 齋藤  椋 3年
9位 29′50″ 山梨学院 山梨 飯島 圭吾 3年
10位 29′50″ 鳥栖工 佐賀 井手 孝一 3年

 

2区区間順位

1位 08′06″ 佐久長聖 長 野 松崎 咲人 1年
2位 08′10″ 九州学院 熊 本 亀鷹 雄輝 3年
3位 08′15″ 西脇工 兵 庫 上村 亮太 3年
3位 08′15″ 浜松商 静 岡 前川 優月 3年
5位 08′16″ 倉敷 岡 山 若林 大輝 3年
6位 08′18″ 大牟田 福 岡 成瀬 隆一郎 3年
7位 08′19″ 大分東明 大 分 木付  琳 2年
8位 08′20″ 世羅 広 島 長嶺 龍之介 3年
8位 08′20″ 中越 新 潟 布川 理稀雄 3年
10位 08′21″ 伊賀白鳳 三 重 山田 大翔 3年

 

3区区間順位

1位 23′09″ 倉敷 岡 山 ジョエル・ムァゥラ 3年
2位 23′18″ 世羅 広 島 デービッド・グレ 2年
3位 23′28″ 佐久長聖 長 野 中谷 雄飛 2年
4位 23′34″ 大分東明 大 分 ベヌエル・モゲニ 1年
5位 24′19″ 仙台育英 宮 城 ピーター・ムワンギ 2年
6位 24′22″ 洛南 京 都 吉田  匠 3年
7位 24′28″ 市船橋 千 葉 小島 海斗 3年
7位 24′28″ 札幌山の手 北海道 ローレンス・グレ 2年
9位 24′29″ 東農大二 群 馬 西山 和弥 3年
10位 24′31″ 青森山田 青 森 ステファン・カマウ 1年

 

4区区間順位

1位 23′01″ 倉敷 岡 山 前田 舜平 3年
2位 23′06″ 九州学院 熊 本 神林 勇太 3年
3位 23′43″ 大牟田 福 岡 吉里  駿 3年
4位 23′46″ 浜松商 静 岡 西方 大珠 2年
5位 23′49″ 市船橋 千 葉 鳥飼 悠生 3年
6位 23′56″ 東農大二 群 馬 栗原 啓吾 2年
7位 23′58″ 西脇工 兵 庫 加井 虎造 3年
7位 23′58″ 鳥栖工 佐 賀 吉武 佑真 3年
9位 24′01″ 小林 宮 崎 大土手 嵩 3年
9位 24′01″ 札幌山の手 北海道 宮内 明人 2年

 

5区区間順位

1位 08′44″ 佐久長聖 長 野 内田  光 3年
2位 08′49″ 九州学院 熊 本 亀鷹 大輝 3年
3位 08′51″ 西脇工 兵 庫 境  勇樹 3年
4位 08′52″ 藤沢翔陵 神奈川 小町 悠人 3年
5位 08′54″ 山梨学院 山 梨 矢島 洸一 2年
6位 08′55″ 伊賀白鳳 三 重 野田 啓太 3年
7位 08′56″ 倉敷 岡 山 畝  歩夢 3年
8位 08′57″ 浜松商 静 岡 小倉 知也 3年
9位 08′58″ 鹿児島実 鹿児島 小野  僚 3年
10位 08′59″ 一関学院 岩 手 小倉 朝陽 1年

 

6区区間順位

1位 14′46″ 倉敷 岡 山 北野 太翔 2年
2位 14′51″ 佐久長聖 長 野 相馬 崇史 3年
3位 14′58″ 西脇工 兵 庫 寺前 友喜 3年
3位 14′58″ 市船橋 千 葉 佃  康平 2年
5位 14′59″ 九州学院 熊 本 加藤 純平 3年
5位 14′59″ 西京 山 口 安村 晴樹 2年
7位 15′00″ 鹿児島実 鹿児島 稻留 涼斗 3年
8位 15′01″ 秋田工 秋 田 佐藤 慎太郎 3年
9位 15′02″ 大分東明 大 分 久綱 一輝 2年
10位 15′03″ 浜松商 静 岡 藤城 裕大 2年

 

7区区間順位

1位 14′35″ 九州学院 熊 本 大藏 洋人 3年
2位 14′37″ 豊川 愛 知 深澤 空良 3年
3位 14′38″ 佐久長聖 長 野 丸山 幸輝 2年
3位 14′38″ 藤沢翔陵 神奈川 鈴木 大海 3年
3位 14′38″ 仙台育英 宮 城 竹林 宏斗 3年
6位 14′43″ 札幌山の手 北海道 松尾  陸 2年
7位 14′46″ 伊賀白鳳 三 重 田辺 佑典 3年
8位 14′47″ 東農大二 群 馬 金井 啓太 3年
9位 14′49″ 大牟田 福 岡 原田 宗広 3年
10位 14′50″ 鹿児島実 鹿児島 松山 勇斗 2年

 

1区

今年の1区には5000m13分台のランナーが6人。

13分50秒67  吉田圭太 (世羅)
13分52秒61  名取燎太 (佐久長聖)
13分53秒75  齋藤椋  (秋田工)
13分54秒25  大森龍之介 (佐野日大)
13分58秒49  塩澤稀夕 (伊賀白鳳)
13分59秒03  加藤淳  (西脇工)

まれに見るハイレベルな走者が揃い、序盤から速い展開が予想された。

しかし13分48秒のタイムを持つ、学法石川の遠藤日向はインフルエンザにより欠場、1区には代理の選手が急きょ出場することになった。

予想通りトラックのスタートから早い展開で、集団も早くに縦長になる状態に。

有力選手も脱落が見られ、大牟田や佐野日大の大森が早くも先頭集団から離されていく。

5kmの通過が14分47秒ほど。

今度は世羅の吉田が大きく遅れだし、早くも他の学校にとってはチャンスが訪れる。

ずっと戦闘を引っ張っていたのは九州学院の西田、それに佐久長聖の名取や、伊賀白鳳の塩澤ら11人の集団が食らいつく。

8キロ過ぎに塩澤、名取がペースを上げ、先頭集団は佐久長聖、伊賀白鳳、九州学院の3人に。

その後伊賀白鳳の塩澤がスパートをかけ、他の2人を引き離す。

このまま塩澤の区間賞かと思われたところに、佐久長聖の名取が残り1km切ったところで猛スパート。

名取がそのまま逃げ切り、1位でタスキを渡した。

1区の通過順位

1位 29′22″ 佐久長聖 長野 名取 燎太 3年
2位 29′27″ 伊賀白鳳 三重 塩澤 稀夕 3年
3位 29′28″ 九州学院 熊本 西田 壮志 3年
4位 29′32″ 國學院久我山 東京 菅原 伊織 3年
5位 29′33″ 倉敷 岡山 畝  拓夢 3年
6位 29′35″ 西脇工 兵庫 加藤  淳 3年
7位 29′39″ 洛南 京都 清水 颯大 3年
8位 29′45″ 秋田工 秋田 齋藤  椋 3年
9位 29′50″ 山梨学院 山梨 飯島 圭吾 3年
10位 29′50″ 鳥栖工 佐賀 井手 孝一 3年

 

2区

佐久長聖の1年生松崎が1位で走るも、九州学院の3年生亀鷹が6秒差を一気に縮めて並ぶ。

松崎の入りの1kmが2.39だったので、亀鷹の1kmが2.33。

実況「これは佐藤清治の区間新も狙えるペースですねぇ」

<スポンサードリンク>

2人はそのまま並走するも、残り1kmから松崎がペースを上げ始める。

これに亀鷹がついていけず、結局10秒差が開くことに。

佐久長聖が逆に差を広げて、1位でたすきをつなぐことになった。

2区の通過順位

1位 37′28″ 佐久長聖 長野 松崎 咲人 1年
2位 37′38″ 九州学院 熊本 亀鷹 雄輝 3年
3位 37′48″ 伊賀白鳳 三重 山田 大翔 3年
4位 37′49″ 倉敷 岡山 若林 大輝 3年
5位 37′50″ 西脇工 兵庫 上村 亮太 3年
6位 37′57″ 國學院久我山 東京 中嶋 大樹 2年
7位 38′09″ 洛南 京都 盛本 聖也 1年
8位 38′14″ 山梨学院 山梨 飯澤 千翔 1年
9位 38′15″ 大分東明 大分 木付  琳 2年
10位 38′21″ 秋田工 秋田 續木 日向 2年

 

3区

佐久長聖の3区は5000m13分台の中谷。

序盤から九州学院を引き離し、大きなストライドでたんたんと走っていく。

21秒差の4位につけていた、倉敷の留学生ジョセフ・ムァゥラが早くも2位に上がり、佐久長聖を追う展開へ。

しかし中谷が自分の走りを見せ、ムァゥラの差はすぐには縮まらず、追いついたのは6kmすぎて跨線橋に差し掛かったところ。

そのまま2人は並走していくが、ラストで中谷がスパートし、そのまま差を広げて4区へ。

実況「佐久長聖はこのラストに重点を置いた練習をしてきているそうですよ」

1区~3区まで、すべてラストで突き放す佐久長聖の走り。

この中谷の走りで、後の選手も層の厚い佐久長聖が、優勝の可能性を大きく上げることになった。

またこの区間で大分東明の留学生モゲニ、世羅の留学生グレが大きく順位を上げるが、先頭の2チームとの差は1分近く開あいた展開となった。

3区の通過順位

1位 1°00′56″ 佐久長聖 長野 中谷 雄飛 2年
2位 1°00′58″ 倉敷 岡山 ジョエル・ムァゥラ 3年
3位 1°01′49″ 大分東明 大分 ベヌエル・モゲニ 1年
4位 1°02′11″ 世羅 広島 デービッド・グレ 2年
5位 1°02′21″ 伊賀白鳳 三重 市川 唯人 3年
6位 1°02′22″ 九州学院 熊本 井川 龍人 1年
7位 1°02′31″ 洛南 京都 吉田  匠 3年
8位 1°02′34″ 西脇工 兵庫 三浦 拓朗 2年
9位 1°03′06″ 東農大二 群馬 西山 和弥 3年
10位 1°03′07″ 國學院久我山 東京 手島  駿 2年

 

4区

先頭の佐久長聖は5000m14分9秒の本間、倉敷は5000m14分1秒の前田。

2人はしばらく並走するが、すぐに前田が本間を突き放し始める。

本間も付くかと思われたが、その差は縮まらず逆に大きく開いてしまう展開に。

あまりにも急激に差が開いてしまったため、佐久長聖のブレーキかアクシデントかと心配した。

結局3区の時点で2秒リードしていた佐久長聖は、1分4秒の差をあけられて、倉敷に先頭を譲って5区へ。

本来なら3区で見られるかと思った展開が、まさかの4区で見られることになってしまった。

勝負を分けたのは、間違いなくこの4区の前田の走りになるだろう。

4区の通過順位

1位 1°23′59″ 倉敷 岡山 前田 舜平 3年
2位 1°25′03″ 佐久長聖 長野 本間 敬大 2年
3位 1°25′28″ 九州学院 熊本 神林 勇太 3年
4位 1°26′17″ 大分東明 大分 麻生  樹 2年
5位 1°26′27″ 世羅 広島 梶山 林太郎 1年
6位 1°26′32″ 西脇工 兵庫 加井 虎造 3年
7位 1°26′41″ 伊賀白鳳 三重 樋口 大介 3年
8位 1°26′48″ 洛南 京都 岡田 浩平 3年
9位 1°27′02″ 東農大二 群馬 栗原 啓吾 2年
10位 1°27′25″ 鳥栖工 佐賀 吉武 佑真 3年

 

5区

先頭の倉敷は1区を走った畝拓夢の兄である、畝歩夢が出場。

追う佐久長聖は5000m14分20秒台の内田。

差は1分以上と大きいが、5区以降の選手の5000mのタイムを見る限りではまだわからない。

しかし2チームの差は大きくは縮まらず、52秒差で6区へ。

佐久長聖が区間賞を取り12秒縮めたが、畝の走りもよく逆転の可能性はかなり低くなってきた。

5区の通過順位

1位 1°32′55″ 倉敷 岡山 畝  歩夢 3年
2位 1°33′47″ 佐久長聖 長野 内田  光 3年
3位 1°34′17″ 九州学院 熊本 亀鷹 大輝 3年
4位 1°35′23″ 西脇工 兵庫 境  勇樹 3年
5位 1°35′28″ 大分東明 大分 熊谷  奨 1年
6位 1°35′31″ 世羅 広島 愼  颯斗 2年
7位 1°35′36″ 伊賀白鳳 三重 野田 啓太 3年
8位 1°35′53″ 洛南 京都 岩嵜 友也 2年
9位 1°36′19″ 東農大二 群馬 小林 飛斗 1年
10位 1°36′30″ 鳥栖工 佐賀 西久保 遼 1年

 

6区

倉敷の6区は北野。

対する佐久長聖はキャプテンの相馬。

序盤こそ相馬が40秒台に差を詰めるも、その後はなかなか詰まらず。

逆に後半は差をあけられてしまい、57秒差で倉敷が7区へたすきをつないだ。

ここで大きく詰まればまだ分からなかったが、この時点で倉敷の優勝がほぼ確実となった。

6区の通過順位

1位 1°47′41″ 倉敷 岡山 北野 太翔 2年
2位 1°48′38″ 佐久長聖 長野 相馬 崇史 3年
3位 1°49′16″ 九州学院 熊本 加藤 純平 3年
4位 1°50′21″ 西脇工 兵庫 寺前 友喜 3年
5位 1°50′30″ 大分東明 大分 久綱 一輝 2年
6位 1°50′45″ 伊賀白鳳 三重 中西 優汰 2年
7位 1°50′51″ 世羅 広島 幟立 晃汰 2年
8位 1°51′08″ 洛南 京都 熱田 賢哉 3年
9位 1°51′34″ 鳥栖工 佐賀 米野 航成 3年
10位 1°51′36″ 市船橋 千葉 佃  康平 2年

 

7区

先頭を倉敷の名合がほぼ独走態勢で進んでいく。

また2位以降も各チーム差が大きく開いており、どこもほぼ1人で走る展開となった。

2位佐久長聖は差を徐々に詰めていくも、結局倉敷が5区以降から独走し、2時間2分34秒で優勝。

42秒差で2位に佐久長聖がゴールした。

連覇を狙った世羅は、1区の出遅れが響いて7位でゴール。

その他入賞したチームも、地区大会で上位候補と見られたチームが入った。

7区終了時のの最終順位

1位 2°02′34″ 倉敷 岡山 名合 治紀 2年
2位 2°03′16″ 佐久長聖 長野 丸山 幸輝 2年
3位 2°03′51″ 九州学院 熊本 大藏 洋人 3年
4位 2°05′22″ 大分東明 大分 松岡 涼真 3年
5位 2°05′31″ 伊賀白鳳 三重 田辺 佑典 3年
6位 2°05′41″ 西脇工 兵庫 大西 峻平 2年
7位 2°05′49″ 世羅 広島 前垣内 皓大 1年
8位 2°06′10″ 洛南 京都 三原 魁人 2年
9位 2°06′24″ 鳥栖工 佐賀 森  智哉 2年
10位 2°06′29″ 市船橋 千葉 小鷹 優介 3年

 

全体的な感想

当初の予想では、世羅高校が1番の優勝候補と見ていた。

しかし1区吉田の出遅れで先頭から1分以上の差が開き、かなり厳しい展開に。

そんな中目立ったのが佐久長聖の活躍だ。

各選手ともラストスパートのキレが目立ち、1区~3区までは佐久長聖にとって、予想以上の展開だったと思う。

このラストの突き放しは、恐らく次の選手はもちろん、テレビで見ている側にも勢いを与えてくれた。

また3区の中谷が、倉敷のムァゥラ相手にほぼ互角の走りをしてくれたのは大きかった。

そして勝敗を決めたのは4区。

このまま後ろの選手層を見る限り、佐久長聖が優勝濃厚かと見ていたが、倉敷の4区前田が予想以上の走りをした。

佐久長聖の本間も区間12位と、ブレーキと言うほどではないのだが、それに近い形で差が空いてしまった。

4区は下りの道が多く、選手の適正によって毎年タイムが大きく開くのだが、倉敷はここの配置に成功したと言ってもいいだろう。

逆に佐久長聖はここで失敗により、大きなダメージを食らってしまうこととなった。

九州学院などは4区に13分台の神林を配置していたが、前評判以上の走りで3位でゴールしている。

今後も4区の配置は、1区や3区以上に重要なものとなるかもしれない。

5区以降も佐久長聖に逆転のチャンスはあるかもと思ったが、やはり1分以上の差は厳しく、そのまま倉敷が独走となった。

2016年の高校駅伝は、1区から速い展開でかなり楽しめたレースだった。

個人的には留学生のいない、佐久長聖に優勝してほしかったが、倉敷の日本選手もムァゥラ以上にいい走りをしたと思う。

これまでは留学生の支配が強いイメージだったが、それに引っ張られてか日本選手もどんどん強くなっていっているんじゃないだろうか。

 

<スポンサードリンク>
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

井上大仁マラソンに適正か?高校時代や箱根の成績をチェック!
フェイサ・リレサの抗議ポーズの意味と帰国しない理由について
野杁正明ゲーオに判定勝ちも完全な負け試合!?魔裟斗も沈黙・・・
WBCのホームランキャッチの少年に「松永悟」の名前デマが拡散!ツイ垢&住所特定も。
イチローのTシャツ「人の金で焼き肉が食べたい」等のブランド「オノマトピア」
ニューイヤー駅伝2017の出場チームと優勝予想を考察
アルマズ・アヤナ旦那とのラブラブぶりがすごい!5000mと10000mの記録更新なるか?
ロッテの謎の魚なぜ人気?第1形態から第3形態までの進化をチェック!
東京オリンピックで期待できる日本選手や競技種目はこれ!注目選手も考察。
神風永遠のTwitter大炎上!カマキリ昇竜拳も1RKOで顎パッカーン!
「藤井聡太四段」学校は休んだり欠席してもなぜ大丈夫?羽生善治や加藤一二三ら中学棋士の疑問。
格闘家のRENAが超かわいい!彼氏は肉食系マッチョじゃないとダメ?
米国のタイソン・ゲイがボブスレーに挑戦!陸上はリオで引退か?
舟津彰馬のあいさつに感動。中大の箱根駅伝連続出場87で途切れる
タイガーウッズ逮捕の写真が宮川大輔にしか見えない・・・薬物疑惑にまるで別人!?

Menu

HOME

TOP