ニューイヤー駅伝2017の出場チームと優勝予想を考察

今年も2017年は元日の1月1日に「ニューイヤー駅伝」が行われる。

昨年の2016年はトヨタ自動車がコニカミノルタの追撃をかわし、辛くも優勝してニューイヤー駅伝2連覇を達成した。

トヨタ自動車の3連覇が注目されるが、ここ数年は入れ替わりが激しく3連覇となれば2001年~2003年のコニカ以来となる。

しかし今年も各チームともに非常に強く、そう簡単に優勝するのは難しそうだ。

チームの優勝予想などしていきたいと思う。

<スポンサードリンク>

 

ニューイヤー駅伝2017の出場チームと地区予選結果

 

地区予選の結果

東日本実業団駅伝
1位 日清食品グループ 3:47:45
2位 カネボウ 3:48:34
3位 DeNA  3:49:07
4位 ヤクルト 3:49:24
5位 Honda  3:49:32
6位 日立物流  3:49:38
7位 コニカミノルタ 3:49:42
8位 富士通  3:50:07
9位 八千代工業 3:52:14
10位 SUBARU  3:52:58
11位 プレス工業 3:53:13
12位 JR東日本 3:53:52
13位 小森コーポレーション  3:54:49
14位 NDソフト 3:55:54

中部実業団駅伝
1位 4:06:00 トヨタ自動車A
2位 4:11:01 NTN
3位 4:11:03 トヨタ自動車B(オープン参加)
4位 4:12:24 トヨタ紡織
5位 4:12:30 愛知製鋼
6位 4:13:40 愛三工業
7位 4:14:33 トーエネック
8位 4:15:22 中央発條

北陸実業団駅伝
1位 4:14:49 YKK
2位 4:18:18 セキノ興産

関西実業団駅伝
1位 大塚製薬 4:01:43
2位 SGホールディングスグループ 4:02:52
3位 NTT西日本 4:04:15
4位 住友電工 4:06:04
5位 大阪ガス 4:07:41
6位 山陽特殊製鋼 4:09:14

中国実業団駅伝
1位 マツダ 4:02:28
2位 中国電力 4:02:58
3位 中電工 4:07:03
4位 JFEスチール 4:07:42

九州実業団駅伝
1位 MHPS 4:02:57
2位 旭化成 4:03:24
3位 トヨタ自動車九州 4:05:16
4位 安川電機 4:05:39
5位 九電工 4:07:57
6位 黒崎播磨 4:10:32
7位 西鉄 4:11:53

 

優勝予想を考察してみる

まず激戦区の東日本予選を制したのは日清食品

前回ニューイヤー2位のコニカミノルタは、まさかの7位に終わった。

しかし毎度のことながらこれらのチームはエースを温存しているので、2チームともこれが実力とは言えないだろう。

日清食品は佐藤悠基と渡邊和也、コニカミノルタは宇賀地強や設楽啓太と、チームのナンバー1と2を使っていない。

ニューイヤーでは間違いなく使ってくるだろうから、チームの流れや勢いも変わるだろう。

そして2位に入ったカネボウにも注目だ。

<スポンサードリンク>

カネボウは2015年から、過去には5000m・10000m・マラソンの日本記録を持っていた、高岡寿成監督が指導している。

ここ最近でもっとも伸びてきたチームと言ってもいいだろう。

戦力的には優勝候補と言うには力不足だが、上位に食い込む可能性はあり、数年後は優勝を狙えるかもしれない。

3位のDeNAは昨年のニューイヤー区間賞の上野裕一郎を温存。

戦力は年々上昇しているが、モバゲーの陥落から始まり、ここ最近はwelqの問題などで企業自体の収益が悪化している。

部の存続自体も心配だが、それらの逆境をはねのけてニューイヤーでアピールすることが出来るか。

 

中部実業団駅伝では、前回優勝のトヨタ自動車が圧倒的な差をつけて優勝した。

オープン参加のBチームも2位にせまる3位と、力の差はこの地区では歴然だ。

今年もチームの力も非常に強く、3連覇に向けていいスタートを切ったと言えるだろう。

エースの窪田忍や宮脇千尋の力も健在だ。

 

そして九州地区で優勝したのが、MHPC(三菱日立パワーシステムズ)だ。

優勝候補の旭化成を抑えて、見事に1位通過となった。

選手の記録だけ見るとそこまでないのだが、今回の駅伝では強さを見せつけており、台風の目となるかもしれない。

2位の旭化成、3位で昨年のニューイヤーも3位のトヨタ自動車九州も、優勝を狙える位置にいると言っていいだろう。

旭化成は地区大会では村山謙太・紘太兄弟は出場しているが、同じレベルの主力である鎧坂は出場していない。

昨年は優勝候補と言われつつも力を出せなかったので、今年は期待したいところ。

 

おおよその予想をしてみるとこんな感じだろうか。

優勝候補:トヨタ自動車、日清食品、コニカミノルタ

上位争い:旭化成、MHPS、トヨタ自動車九州、DeNA、Honda

3位狙い:カネボウ、ヤクルト、富士通、マツダ、中国電力

 

10000mのタイムランキングでは、このようなデータもあるようだ。

陸上競技ランキング

rankk

 

ただ10000mタイムランキングが下位のチームでも、駅伝で上位に食い込むことはよくあることだ。

果たして今年はどのチームが優勝するんだろうか。

 

それにしても、一番走りを見たかった、、

 

大迫選手がいないのは残念(´・ω・`)

 

駅伝は日本だけだしねぇ。

 

<スポンサードリンク>
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

山中慎介を嫌いな「因縁の相手」が行列に登場!安田幹男とケンカ勃発か?
柏原竜二の早すぎる引退理由は怪我。実業団富士通の成績も鳴かず飛ばず!
斎藤佑樹はいつ戦力外に?引退やトレードの噂が止まらない!
舟津彰馬のあいさつに感動。中大の箱根駅伝連続出場87で途切れる
全日本大学駅伝2016のエントリーと優勝予想。(区間エントリー後日追記)
村田諒太vsアッサンエンダム試合の判定はおかしい?審判の八百長の噂も?
イチローのTシャツ「人の金で焼き肉が食べたい」等のブランド「オノマトピア」
荒井広宙3位銅メダルも失格へ!問題のシーンに真犯人が写り込む・・・
赤井沙希の過激プロレスコスチュームがヤバい!すっぴん負けも。
北風沙織が引退へ。かわいいアイドルスプリンターも旦那と結婚し見納めに。
畑岡奈紗の名は母親がNASAから。話題のルネサンス高校とは?
理論派「為末大」結婚して嫁も子供もいた!ブータンネタで炎上も??
全国高校駅伝2016男子の出場校予選ランキングと優勝予想。
全豪オープンテニス2017ドローと優勝予想。錦織は第5シード、一回戦の相手も確定。
關颯人は世界を狙える逸材!イケメンで彼女もいるの?

Menu

HOME

TOP